全アイテム
            

TOP > すべての商品 > 球根 やまゆり 山百合 (オーラタム ゴールドバンド) 1球 10月中下旬より順次発送

球根 やまゆり 山百合 (オーラタム ゴールドバンド) 1球 10月中下旬より順次発送

球根 やまゆり 山百合 (オーラタム ゴールドバンド) 1球 10月中下旬より順次発送
球根 やまゆり 山百合 (オーラタム ゴールドバンド) 1球 10月中下旬より順次発送

※写真はイメージです。植物は色や形状など個体差がございます。

商品コード 000000000375
販売価格 880 (税込)
購入数
残りあと15個

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
草姿が豪華であることから、「百合の王様」と呼ばれています。

オランダで選抜された日本のヤマユリ。

基本情報

  • 科 名:ユリ科
  • 属 名:ユリ属
  • 学 名:Lilium
  • 植付時期:寒地 10月〜翌4月頃、暖地 10月〜翌5月
  • 開花時期:7月頃
  • 草 丈:80〜120cm

1.植え付け

〕囘敕攫舛脇辰冒びませんが、水はけのよい土が適しています。
例 赤玉土(小粒)7 腐葉土3
市販の「球根の土」が利用できます。
⊃△付け場所・置き場所
日当たりの良い場所を好みます。
植え付け方
鉢植えの場合
植え付けは少なくとも球根の高さ1個分以上の深さになるように植え付けます。
上根がしっかり張れるよう、なるべく深く植えるのがポイントです。

howto_lilium_uetsuke_hachiue

庭植えの場合
植え付け間隔は球根の直径3個分以上空けて植えます。
深さは球根の高さ2個分の深さが目安です。

howto_lilium_uetsuke_jiue

ワンポイント
ユリの球根はなぜ深く植えるとよいのか。
ユリの根っこは球根の下から出る下根と球根の上に伸びた地下茎から出る上根があり、それぞれに役割が異なります。
下根は主にしっかりと体を支えるためのものです。
一方、上根は水分や養分を吸収する役割を持っています。
球根を浅く植えてしまうと上根が出る部分が少なくなってしまうため、上根の量が減り、きちんと水分や養分を吸収できなくなるのです。
このような理由からユリは球根を深く植えることが大切です。

howto_lilium_onepoint

2.水やり

土の表面が乾いたらたっぷりと与えます。
乾燥には弱いので雨が少ない時期は特に注意します。

3.肥料

植え付け時に元肥として緩効性肥料を少量与えます。
芽が伸び始めたら液体肥料など即効性の肥料を1〜2週間に一度与えるようにします。

4.花後の管理

花が終わったら花がらが落ちる前に早めに摘み取ります。
この時、なるべく葉や茎が残るよう花の付け根から摘み取るようにします。
秋になり葉が枯れてきたら、地際から茎を切り取ります。
十分な間隔を空けて植えている場合は2〜3年植えっぱなしでもよいでしょう。
掘り上げる場合は、茎を切り取った後に掘り上げます。
ユリの球根は乾燥を防ぐための表皮がないため、掘り上げ後はすぐに新しい土に植え付けるようにします。
後日に植え付ける場合はビニール袋に湿ったおがくずやピートモスなどと一緒に入れ、冷暗所で保管します。
乾燥に弱いので時々は状態を確認し、乾燥しているようであれば霧吹きなどで湿らせるようにしましょう。

お届け見本 ※画像はイメージです

お届け見本1 

お客様レビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。




★★創業1920年(大正9年)創業★★
  「老舗」の球根&苗屋について