全アイテム
            

営業カレンダー

2024年 06月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
今日
2024年 07月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

TOP > すべての商品 > 竹王 発酵熟成竹パウダー 5kg 竹パウダー たけ パウダー 発酵熟成

竹王 発酵熟成竹パウダー 5kg 竹パウダー たけ パウダー 発酵熟成

※写真はイメージです。植物は色や形状など個体差がございます。

商品コード 000000002327
販売価格 1,780 (税込)
購入数

かごに入れる
  • お気に入りリスト
  • 商品についての問い合わせ
竹由来の植物性乳酸菌

土作りからはじめる野菜作り

基本情報

  • 適用作物:野菜・稲・みかん・梨・ぶどう・リンゴ・キウイフルーツ・柿など・ガーデニング栽培・観葉植物
  • 内容量:5


特徴


「土のちから」を高める発酵熟成竹パウダー。
竹王は天然の孟宗竹100%を原料とした土壌孟宗竹を特殊な機械でパウダー状に粉砕し、すぐに密閉することで乳酸菌を増加させています。
乳酸菌は土壌の栄養分を高め、ミミズや微生物の発生を促し「土のちから」を高めます。
また竹王を使用することにより、水はけ(排水性)や水持ち(保水性)、通気性を同時に高めることができます。


効果


発芽を促進させる。
根の張りがよく、成長を促進させる。
野菜の甘味や旨味がよくなる。
連作障害に有効で、病気に強くなる。
収穫量の増加。
土の中の雑菌の繁殖を防ぐ。
竹の消臭効果で臭いを減少させる。


ご使用目安


野菜栽培
土にすき込む
●畑に一作物の完熟堆肥を散布する。
●トラクター等でよく耕転させる。
●油かす等の肥料を散布する。
●竹王を均一に散布する。
・基本は50g/
・夏野菜は100kg/1反歩(10a)
・冬野菜は50kg/1反歩(10a)
●散布後散布した部分をよく耕転する。
●耕転後、一週間程度後に苗を移植(または、種蒔き)をする。
※野菜栽培では肥料との併用をお勧めします。
追加の散布
●竹王を表面に散布後、土等を覆土する。
●土及び堆肥、ぼかし肥料に竹王を混合し散布。
土をそのまま覆う
●苗の高さと同じ幅の間隔を開け散布する
●苗と同じ幅で適量散布する。


果樹栽培
●みかん・梨・ぶどう・リンゴ・キウイフルーツ・柿などの果樹は竹王のマルチングが有効です。
●果樹の根元から30cm離して散布してください。
・基本は70〜80kg/1反歩(10a)
※マルチングとは植えた植物の地表面をビニールなどで覆うことです。雑草の抑制、水分の蒸発や病害虫の発生を防ぐことができます。


稲作栽培
●田植え1ヶ月前の荒掻き時に竹王を均一に散布します。
・基本は50kg/1反歩(10a)
●散布後、良く耕転する。
●田植え後、1週間程度後に水面を覆うように竹パウダーを散布することによって雑草などの発生を抑える効果があります。


ガーデニング栽培・観葉植物
ガーデニング栽培や観葉植物にも大変効果的です。トマトやキュウリなどの野菜がおいしくなる、花がきれいに咲き長持ちする、病気に強くなるなどの効果があります。
●プランターの場合、野菜栽培と同様ですが、腐葉土を一緒に混ぜ込んでください。
●すでに苗を植え付けている場合は、そのまま竹王を下の土が見えなくなる程度散布してください。
●観葉植物についても同じように散布してください。


※3つの注意点


1.消毒剤の使用後、1週間以上の間隔を経てから竹パウダーを使用する。
2.竹パウダーをすき込む際は、散布直後にすき込みを行う。
3.苗植え・種まきは、すき込み後、三週間以上の期間を経てから行う。


※注意事項※


●開封後は速やかにご使用ください。
●直射日光を避けて保存してください。
●購入後6ヶ月以内にご使用ください。
  • 竹パウダーお届け見本

  • 竹パウダーサムネイル1

お客様レビュー

  ニックネーム : 評点 :
内容 :
レビューを書く

入力された顧客評価がありません。

関連商品




★★創業1920年(大正9年)創業★★
  「老舗」の球根&苗屋について